赤ちゃんがかわいいのは理由がある!ベビーシェマとは。

2018年10月6日

赤ちゃんがかわいいのは理由がある!ベビーシェマとは。
赤ちゃんてどうしてかわいいのかなぁ?と思う方へ。

赤ちゃんてかわいいですね♡顔が整ってるから、目が大きいから…などの理由は関係なく、赤ちゃんという存在自体がかわいいと感じる人が多いのではないでしょうか。

ちなみに私は子供のお世話がちょっと苦手です。子供目線になることが苦手というか…おままごと遊びとかに付き合うのは、マジで苦行です。

でもそんな私でも、赤ちゃんは見ているだけでかわいいと思えます。それって実は科学的に理由がありそうだな、と思ったので調べてみました!

赤ちゃんがかわいい理由とは

一人では生きていけない赤ちゃんは、誰かにお世話をしてもらわないとなりません。そのために、かわいさを武器に、お世話をしてもらえるように、周りの大人たちにアピールしているのです。

それは、生きていくための自己防衛本能であり、周りにかわいいと思わせるためなのですが、その体の動きや特徴を「ベビーシェマ」と呼ぶそうです。

ベビーシェマは人間の赤ちゃんだけではなく、動物にもあります。

大人たちは、かわいいと思えば、多少の困難は乗り越えられます。逆に、かわいいと思えないと、お世話をするのは辛すぎです。

赤ちゃんのお世話は、24時間年中無休。それが、数年は続くのですから、かわいさの報酬がなければ、たとえ我が子だとしても辛いものですよね。

赤ちゃんをかわいいと思う特徴、ベビーシェマ

ベビーシェマは、「刷り込み」で有名なノーベル賞を受賞した動物学者のローレンツ氏が名付け、以下のようなものを挙げています。

・頭が大きい

・目が丸くて大きく、顔の下の方にある

・目が離れている

・ほっぺがぷくぷく

・体がぷくぷく丸い

・動きがぎこちない

こんな特徴を見ると、大人は思わず「かわいい!この弱い存在を守らなきゃ!」と思う本能が働くというのです。

そういえば、キャラクターやぬいぐるみも、だいたいがこの特徴に当てはまってます!

子供に人気のキャラクターってだいたい丸くて頭が大きい。手足も短くて、身体は太め。

人がかわいいと思う心理は、いろんな場面で使われているのですね。

赤ちゃんが一番かわいい時期はいつ?


1歳頃が一番かわいいと言われるようですが、私は少し話し始めて、カタコトで言いまつがいが多い2歳くらいがかわいいなぁと思います。

新生児の時は、意外とガリガリだったりして、ベビーシェマは当てはまらない赤ちゃんもいる気が。うちの娘も生後1ヶ月までは、顔も小さくガリガリでした。でもかわいかったですけどね。

見た目だけで言えば、赤ちゃんのぷくぷくの太ももなどはたまらない!ので、歩き始めてスマートになる前が、一番ぽちゃぽちゃで好きです。そうなると、やはり1歳くらいなのかな。

少しずつかわいくなくなるのは自立するため

いつまでもかわいい我が子ですが、少しずつ赤ちゃんの頃のようなかわいさではなくなってきます。ただただかわいい存在から、口答えしてきて憎らしく思う面も出てきたり。

それは守られるべき存在から、自立していく存在になるから。いつまでも、かわいいかわいいとベタベタしていては、子供も大人も自立出来なくなってしまう…お世話をして欲しい時は可愛さをアピールして、離れる時は憎たらしくなって、なんて自然の摂理はよくできてますね!

まとめ

赤ちゃんがかわいいのは当たり前。と思っていたけど、調べてみたら我が子以外の赤ちゃんでも、見るとつい顔がほころび、かわいいな〜って思っちゃう仕組みがわかりました。
これからは動物の赤ちゃんや、キャラクターを見るときに少し意識して見てみたら、さらなる面白い発見がありそうですね。