子育て

親子で楽しむハロウィンパーティは公園で気楽に。

投稿日:2018年9月5日 更新日:

幼児向けハロウィンパーティは公園で気楽に

夏休みも終わり9月になったばかりですが、今日は近所のスーパーに行ったら、もうハロウィンの特設コーナーが作られていました。まだ暑いけど、もう秋になるんですね〜。

この特設コーナーは年々大きくなっていて、今年はハロウィン仕様のパッケージの大袋のお菓子がたくさん並んでいました。

私は自分が子供の頃はハロウィンなんて何もやりませんでしたが、息子は保育園で衣装を作って遊んでいたり、保育園のママ友に誘われてプチパーティをしたりと、今時の子供達には当たり前のイベントとなっています。

去年、ママ友が開いてくれたハロウィンパーティは、お金もたいしてかからず、でも子供達が喜ぶ素朴なもので楽しい時間を過ごせました。たくさんのお料理や飾りを用意しなくても、子供達は楽しめるんだなぁと思ったし、ママも楽でいいなと思うので、そのおすすめハロウィンパーティの内容を書いてみました!

場所は近所の公園で。

息子が通う保育園のママ友たちは、ハロウィンパーティは公園でやることが多いらしく、去年も近所の公園で開催しました。

みんな徒歩や自転車で来れるし、時期的にも外に居やすい気候。お店だと子供が騒ぐのも気になるけど、公園なら気兼ねなく大騒ぎできます。

お菓子は各家庭ごとに子供の人数分用意。

ハロウィンと言えばお菓子!値段の上限をだいたい決めて、参加する子供の人数×子供全員分を用意します。

つまり、連れて行く子供が息子1人の場合は、1×子供全員分を用意します。

もし兄弟で参加する場合は2×子供全員分。

去年のパーティでは、子供は全部で8人で、うちは息子だけの参加だったので、私は8人分のお菓子を用意。

お菓子の内容は、小さな袋に数種類のお菓子を入れた詰め合わせにしました。袋は100円均一に行けば、可愛いものがたくさん売っています。

お菓子を渡す方法は?

当日、お菓子を親がそれぞれ公園内に隠して、子供達は宝物探しのようにお菓子を探して周る…ということをやりたかったのですが、公園には他の人たちもいるのでやめました。

代わりに、ママたちがお菓子を持ってそれぞれ隠れることに。隠れると行ってもバレバレな感じだったけど、子供達はママがいるところを周って、「トリックオアトリート!」と言って楽しそうでした。

子供もママも気楽に楽しめるハロウィンパーティ

お菓子を渡し終えたら、あとはいつも通りな感じで子供達は勝手に公園で遊んでいました。

ママたちは公園内に敷物を敷いて、大人用の飲み物とお菓子を用意して、おしゃべりに花を咲かせていました。

お店やどこかのお宅でやるパーティも楽しいけど、せっかく気持ちのいい季節に開催されるハロウィンだから、外で気楽にパーティをするのっていいなと思いました。

手作りのお菓子とかを用意したら喜ばれそうですけど、私にはそんなこともできないし、今は可愛いお菓子がたくさん売ってますからね^ ^

上手に市販品を利用して、手抜きハロウィンを今年も楽しむつもりです!







-子育て

Copyright© Mama Nicoppe , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.