出店やステージイベントも楽しめる巾着田曼珠沙華まつり

2018年10月5日

9月中旬から10月の上旬にかけて、毎年開催される埼玉県日高市の巾着田曼珠沙華まつり。

ネットでこのお祭りを知ってからずっと行きたくて、今年、幼い子供二人を連れて行ってきました!

曼珠沙華まつりとはどんなお祭り?

高麗川が巾着のような形に蛇行した場所が『きんちゃくだ』と呼ばれています。そこに巾着田曼珠沙華公園、曼珠沙華群生地があり、秋になると真っ赤な曼珠沙華が一面に咲くのです。

普段は無料の公園ですが、曼珠沙華が満開の期間は入場料(大人のみ300円)がかかり、大きなお祭りを開催しています。

高麗川沿いに咲く曼珠沙華を見ながら、ピクニック気分で歩けます。

地元ならではのグルメが集合!

こんにゃくや栗、鮎などの地元がオススメするグルメが集まり、出店がずらっと並ぶコーナーがあります。私は朝9時に行きましたが、朝早くからたくさんの人で賑わっていました

私はこんにゃくの煮物、がんもどき、ジェラートを食べましたが、どれも絶品!特にこんにゃくは味が染みててめっちゃ美味しかった〜。また食べたいです。

出店は食べ物の他には、木で作られたまな板なども並んでいました。

出展ブースの真ん中には、ベンチやテーブルが並んでいるので、購入したものをその場でゆっくり食べられます

朝なのに升酒を飲みながら鮎の塩焼きを食べている若い女の子がいました。ツワモノ!

埼玉県のゆるキャラがステージに並ぶ!

出店の横にはステージがあり、時間ごとにいろんな企画をやっていましたが、私が行った時は埼玉県のゆるキャラが並び、アピール合戦をやっていました。

見たことあるゆるキャラもいれば、初めて見るキャラも…息子は楽しそうに見ていて、なかなか離れませんでした。

そのほかには猿回しなんかも来ていました。

気になる混雑具合

3連休初日に行きましたが、テレビのニュースで取り上げられていたり、instagramでも投稿されていたので、連休中だしすごい混んでるのでは!?と覚悟して行きました。朝はちょっと雨が降っていて天気が悪かったせいなのか、それほど混んではいませんでした。ただ、お昼時になったら出店エリアは混みそう。

駐車場は入るのに少し時間がかかっていたようです。

ベビーカーは大丈夫?オムツ替え、授乳室は?

曼珠沙華が咲いているあたりは道が細く、土がむき出しですがベビーカーでも問題ありません。ただ、雨の後はドロドロになっていて汚れやすいのでご注意を。
オムツ替え、授乳スペースも特別に用意されていました。

アクセス&開園情報

駐車場

・関越自動車道「鶴ヶ島」I.Cから14Km
・圏央道「圏央鶴ヶ島」I.Cから11Km
・圏央道「狭山日高」I.Cから8Km

普通車:1台 500円(1日)

バイク:1台 100円(1日)

電車・バスの場合

■JR八高線・川越線 高麗川駅から徒歩約45分
■西武池袋線高麗駅から徒歩約15分

無料シャトルバス
日高市役所(無料駐車場)、高麗神社(無料駐車場)を利用したシャトルバスを運行
【運行日】9月22日(土)、23日(日・祝)、24日(月・振休)の3日間 ※開花状況により変更になる場合があります。
【運行時間】午前9時から午後4時30分まで(30分間隔) 【停車場所】日高市役所←→高麗神社←→巾着田

開園時間

平成30年9月15日(土)~9月30日(日)
午前9時~午後4時30分
※開花状況により変更する場合があります。

入場料

1人300円(1日)

※中学生以下および身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳を所持している方は無料です。

飲食

お祭り内に出展ブース多数

授乳・オムツ替えスペース

あり

ベビーカー

OK

ホームページ

https://www.hidakashikankou.gr.jp/manjushage/