産後の生理復活について。授乳中、完全母乳だと遅い?味や量は変わるのか。

産後の生理復活について。授乳中、完全母乳だと遅い?味や量は変わるのか。妊娠中は止まる生理ですが、産後いつから復活するのか気になる方は多いと思います。

生理の復活時期は個人差がかなりあるようで、育児本などに書かれている情報通りにならない方が多いのではないでしょうか。

この記事では、産後の生理がいつから始まるのか、再開するときに兆候はあるのか、を書いています。

産後の生理再開の目安

産後母乳育児をしている場合

卒乳して2〜3ヶ月で再開することが多いと言われていますが、かなり個人差があります。

なぜ、母乳育児だと生理が再開しないのかご存知ですか?

授乳をしていると、母乳を促す働きのあるプロラクチンというホルモンが分泌されます。このプロラクチンは、排卵を阻害するため、授乳をしていると生理が再開しにくいと言われています。

ミルク育児の場合

産後2週間ほどでプロラクチンの分泌量が低下。そして2〜3ヶ月で生理が再開するケースが多いようです。

実例1 完母なのに1ヶ月で再開!

私の母の話ですが、母は私を育てるとき母乳とミルクの混合でしたが、生理は産後1ヶ月で再開したそうです。

調べてみると、早い人は母乳育児をしていても、産後1ヶ月ほどで再開する方もいるそうです。

早すぎて心配する方もいるようですが、痛みや不正出血がなければ問題はないそうです。

母が再開が早かった理由は、子宮の回復が早かったから…だそうです。

実例2 完母1年半の時に再開

これは私の話です。私は長男が2歳半まで母乳をあげていましたが、産後1年半で生理が再開しました。

そのときは、母乳はあげていましたが、日中は普通の食事を食べ、寝るときだけ母乳を飲んでいました。

授乳回数が減ると、プロラクチンの分泌量が減るので、生理が再開しやすいそうです。

断乳後も生理が再開しないとき

まれに、断乳後一年以上たっても生理が再開しない方がいるそうです。

その場合、ストレスやホルモンの異常があったり、子宮の回復がよくない、または何か病気の可能性もあります。

病院に行く目安として、断乳後半年たっても生理が再開しないときは、婦人科を受診してください。

生理の母乳への影響

よく生理中は母乳の味が変わる、と言われていますが、それは本当でしょうか?

調べてみると、生理中はホルモンのバランスが変わるため、母乳の味や量が変化する人もいるそうです。それが原因で、母乳を飲みたがらなくなる赤ちゃんもいるのだとか。

私の場合は、長男は生理中でも何も変わらず、いつものように飲んでいました。母乳の量も変わったと思ったことはないので、あまり生理の影響はなかったようです。

産後の生理の変化

産後に生理が再開した方の多くは、出血量が減り、軽くなる方が多いようです。私もそうでした。

妊娠前は寝るときは、夜用の大きなナプキンが必須でしたが、産後はいらなくなりました。出血量が減ったのは、かなり嬉しかったです。

生理期間はだいたい6日間で、妊娠前と変わらないけど、3日目過ぎはほとんど出血はなくなりました。さらに生理痛も全くなくなりました。

産後の生理が重くなる人もいる

私は運良く産後は生理が軽くなりましたが、妊娠前と比べて重たくなる方もいるようです。

出血量が増えたり、生理痛が酷くなる場合もあるようで、あまりに酷い場合には産婦人科で受信した方が良いそうです。