子育て中のママにおすすめの在宅ワーク。簡単にできるものからちょっとハードル高めのものまで。

2019年3月1日

子育て中のママにおすすめの在宅ワーク。簡単にできるものからちょっとハードル高めのものまで。

子育てをしながら、自分のペースで家で仕事をしたい。忙しいママなら、そんなことを一度は考えますよね。

私は子供が出来たのをきっかけに在宅ワーカーになり、子育てと家事の両立面ではかなり助かりました!

だから、「家で仕事をしたいけど、私にできるかな?」と悩んでいるママがいたら、ぜひ背中を押したいのです。

このページでは、ママにおすすめの在宅ワークを紹介しています。

データ入力

パソコンの基本的操作ができ、タイピングができる方なら誰でも始められます。

クラウドソーシングのサイトを利用して仕事を受けるのがほとんどで、報酬は一件につき数十円〜数百円。そのためデメリットなのは、どうしても単価が低くなりがちな点。

主な仕事内容

  • 商品情報を入力する
  • 送られてくる画像の文章をデータ化する
  • 音声を聞いて文字に起こす
  • 名刺の内容を入力する
  • 領収書やレシートの内容を入力する
  • 文章をもらい、ブログに書く

データ入力のメリット

  • 初心者でも簡単にできる
  • 単純作業なので難しく考えるような作業がない

データ入力のデメリット

  • 単価が安い
  • 人気があり仕事の取り合いになることも

ライター

文章を書くのが好きな方におすすめ。最近はwebライターという名前で、webページで使われる文章を書くライターが増えています。

クラウドソーシングで仕事を受けることが多いですが、頑張ってコネを作ったりして努力すれば、顧客を作ることも可能。

報酬は1文字0,1〜0,3円、または一件につき200円〜。実績などがない場合は最初は安いですが、徐々に上がる場合もあります。

文章を書くスキルは、どんな仕事にも役に立てることができるため、力を付けておいて損はありません

主な仕事内容

  • アンケートへの回答
  • お店のレビューやクチコミを書く
  • 1,000〜2,000文字程度のコラムを書く

ライターのメリット

  • 文章力が付く
  • 自分の経験や体験を活かせる

ライターのデメリット

  • 単価が安い

ハンドメイド作品の販売

物を作るのが大好きな方に人気の仕事。minneやcreemaなどの普及とともに人気が出てきました。ネット上だけではなく、ハンドメイドイベントに出展するなど、販売場面は多々あります。

報酬は商品の値段により、自分で決めることができますが、売れやすい金額とかかる手間暇を考えると決して高いとは言えません。

より報酬アップを狙うなら、ハンドメイドのワークショップや教室を開くのもアリ。ただし、集客力が必要になります。

ハンドメイド販売のメリット

  • 自分の好きなことを仕事にできる

ハンドメイド販売のデメリット

  • 材料費などの元手がかかる
  • 制作時間の割には儲からない場合が多い

アフィリエイト

自分のブログに、クリックされたら課金されるバナーを貼ったり、自分でホームページを作り商品を売る仕事です。

文章を書くのが好きな方や、地道にコツコツと作業を続ける方には向いていますが、完全出来高制なので、自分で書いたブログに人が集まらなかったり、商品が売れなければ一円も報酬は入りません

ただ、努力してうまくいけばかなりの高額を稼ぐこともできる仕事です。

アフィリエイトのメリット

  • 高額報酬の可能性がある

アフィリエイトのデメリット

  • すぐには収入に結びつかない
  • 努力、勉強が必要
  • インターネット、web、seoの知識が必要

webデザイナー

私がwebデザイナーなので、この項目も入れたいと思います。

社会人になってから学校に通い、webデザイナーデビューをする方も割と多く、ママにも人気があります。

クラウドソーシングで仕事を得ることもできますが、単価が低いのでおすすめしません。最初は練習のつもりでクラウドソーシングを使うのはアリですが、本格的に稼ぎたいのであれば、ずっと続けるのは厳しいです。

できれば一度派遣でもいいので企業などで働き、コネを作り、その後フリーとして独立するのがベストです。

主な仕事内容

  • ホームページの作成、更新作業
  • バナー制作
  • アプリのデザイン制作

webデザイナーのメリット

  • 仕事がたくさんある

webデザイナーのデメリット

  • 初めに学ぶことが多い
  • 実績を積まないと仕事に繋がりにくい

まとめ

在宅ワークは簡単に誰でも始められるものから、初めに多少の勉強をしてからできるものまで様々な種類があります。

どれも決して楽に稼げるものではなく、在宅で仕事ができるのは魅力ですが、単価が安くそれなりに厳しい面もあります。

正直、在宅ワークよりも普通にアルバイトをした方が効率よく稼げる場合もほとんど。それでも「在宅ワークをしたい!」と思うのであれば、それがなぜなのか?をきちんと考えてから始めることをおすすめします。